江戸時代の伊香保温泉には石段街の左右に「大屋」と
呼ばれる14軒の温泉宿がありました。
延享3年(1746年)徳川9代家重の時代に12軒の
大屋に十二支を名付け、明治維新まで年番で名主や
伊香保口留番所(伊香保関所)の役人を勤めていました。
十二支は、その屋敷跡を示すものです。

現在は、各屋敷の十二支のプレートが石段街に埋め込まれています。
12個すべて探して歩いてみてはいかがですか

来年の干支の「巳」を見つけたらイイことあるかも
巳(1)